車買取時の税金について

買取に限ったことではありませんが、車というものには税金がかかります。
車を持っている人であれば毎月5月に税金を納めているのでご存知かもしれませんが、車には自動車税など各種税金が課税されることになっており、こうした税金との関係については車の買取にも決して見過ごすことはできません。
たとえば車検の時でも納税証明書がなければ手続きをすることができませんので、買取の際にもこうした税金が大きな意味を持ってくることはよくわかると思います。

さて、車にかかる税金のうち最も基本的なものといえば自動車税です。
この自動車税は普通自動車に対して課税される税金であり、その年度の4月1日の段階における車の所有者に対して課されるものとなっています。
簡単にいえば4月1日現在車を所有していれば翌月の5月に自動車税の納付書が届くというものです。
これが買取とどう関係してくるのかといえば、4月1日の段階で車を持っている人が課税対象となるため、たとえば車を買取に出した場合には当然ながら課税対象から外れるということになります。
自動車税というものは、4月1日を基準として翌年の3月31日までの期間が課税対象となりますので、年度の途中で車を買取に出した場合にはそのうちの「車を持っていた期間」だけが課税対象として計算されます。
たとえば年度の途中である7月に車を買取に出した場合には、課税対象となる期間は4月~7月までの4ヶ月間が課税対象期間となりますので、残りの期間分については自動車税の還付が受けられます。

ここまでは自動車税の場合ですが、排気量が660cc以下のいわゆる「軽自動車」の場合は軽自動車税が課税されます。
軽自動車税の場合は年額での納税となるため、仮に年度の途中で車を買取に出したとしても税金が還付されることはありません。

このように、車の買取には自動車税が大きく関係してきます。
注意すべきポイントとしては4月1日現在に車を所有しているかどうかという点となりますので、買取の時期についてもこうした点を考慮して進めることになります。