車を売るタイミングとは

車を買取に出すタイミングとしてよく言われるのが「売りたい時に売る」というものです。
これは、実際に買取業者のチラシなどにも「売りたいと思った時がズバリ高値です」などと宣伝されていることから多くの人にとって馴染み深いものではないでしょうか。
その理由としては、中古車の買取相場というものが常に変動しているという点が挙げられます。
もちろん中には例外もあるものの、基本的には発売から年式が経過するに従って価格が低下する傾向にあります。
そのため、売りたいと思った時がその車にとって最も高値がつく時期ということになります。
実は車の買取相場は日によって変動するものです。
極端な話では昨日と今日とでは金額が異なるといったケースも決して珍しい例ではありません。
そのため、車を少しでも高い値段で買い取ってほしいということであれば、できるだけ早い時期に買取に出すことがおすすめです。

次に車を売るタイミングといえるのが、車検の時期です。
車検があるかどうかというのは、少なからず買取金額にも影響する部分ではありますが、わざわざ車検を通してまで買取に出したとしてもその分が買取金額に上乗せされるわけではありません。
そのため、車検がもうすぐ切れる時期を見計らって買取に出すというのもタイミングのひとつといえるでしょう。

似たタイミングとして、決算時期やボーナス前に買取に出すというのもよくあるタイミングのひとつです。
たとえば一般的な企業の決算時期といえば3月なので、その時期には新車の販売市場が活性化する傾向にあります。
また、ボーナスの時期においても同様に新車がよく売れる傾向にありますので中古車市場としてもそれに応じて活発になる可能性があります。
その結果、中古車の買取金額が通常よりも高くなることが期待できますので、こうした時期を見計らって買取に出すというのも選択肢のひとつとして考えておいても良いかもしれません。

この他、確認できるのであればモデルチェンジ前に買取に出すというのもあるのですが、こちらはメーカー情報に詳しくないと難しい部分なので、基本的には今まで挙げたような部分に気をつけていれば良いでしょう。